面接の準備はコレでバッチリ!

短期バイトとはいえ、必ず面接は行われます。
そんな面接のコツを紹介します。

????????

面接のコツは大きく分けて5つ!

 会話のキャッチボール

他の面接にも言えることですが、面接は質問大会ではありません。面接官と会話のキャッチボールをしているつもりで会話を大切にしましょう。
「はい」「いいえ」や単語だけで返すのではなく、自分から情報を提供しましょう。

例えば「趣味はなんですか?」と聞かれた時に「テニスです」と答えるのではなく、「テニスが趣味でサークル活動なども行っています。体力には自信があり、御社での仕事でも活かしたいと思います」というように自己アピールにもつなげると好印象です。

 あまり注目されない志望動機
面接の質問で、必ず聞かれる質問が志望動機です。必ず聞かれますが、残念ながら短期バイトの場合、あまり志望動機は重視されません。ですが、シッカリと言えるように志望動機は用意しましょう。

注目されるのは志望動機の内容というより仕事に対して熱意があるかどうか、になります。志望動機は「お金を稼ぎたいからです」という単純な物でも、熱意を伝えることができれば良いアピールになるでしょう。

 勤務予定を用意する。
志望動機よりも重視されるのが勤務スケジュールです。

「期間中、ずっと働けるのか?」「休みは何日欲しいのか?」という点を確認されるので、おおまかな予定は立ておき、質問されても答えられるようにしましょう。採用されてから休みを組み込んでもらうのは、マナー違反になるので注意が必要です。

 よく聞かれる職歴。

面接では職歴も良く聞かれます。
短期バイトの多くは、未経験で問題ない仕事が大半です。です。ですが、今まで似たような仕事をしたことがあるか、プラスになるような経験がないか聞かれます。

応募した仕事に関連するような仕事の職歴がない場合も「ありません」と答えるのではなく、「新しいことを覚えるのは好きなので、頑張って覚えていきたいと思います」と積極的な姿勢を示すようにしましょう。

 最後の質問
面接の最後に必ず聞かれるのが
「何か質問はありますか?」
という質問です。

正直なところ、短期バイトですし、あまり興味がないというのが本音でしょうが、あえて質問は用意しましょう。質問をすることで、企業や仕事に対する熱意や興味があることを示すことができます。
全体を通して
これ以外にも面接では、色々なことを聞かれますが、正直に誠意をもって熱意を伝えることができれば、問題ありません。