単純作業が魅力の正月限定の短期バイト

単純作業が得意という人にお勧めなのが年賀状の仕分けのバイトになります。全国的に募集されているのも特徴です。そんな年賀状の仕分けのバイト内容を紹介します。

年賀状の仕分けのバイト体験談画像

仕分けバイトで働くためのポイントは2つ!

 採用されやすい人オンシーズンに働ける人
年賀状のシーズン12月20日から1月8日前後に短期間、働く仕事になります。この時期は人手が足りないこともあり、非常に多くの短期バイトを募集しています。出られる日数が多いと採用されやすいという話もよく聞きます。

 希望出勤日数が少ない人や12月28日からの忙しいシーズンに休みたいという場合は、採用されないかもしれませんので注意が必要です。

 求人を見付ける方法は2つ
 求人雑誌、求人サイトで探す
10月から11月にかけて求人雑誌や求人サイトなどで大々的に募集をかけています。

 日本郵便株式会社さんのサイトで探す
10月から11月にかけて募集、面接、説明会などが行われます。日本郵便株式会社さんのサイトをチェックしてみましょう。高校生でも働けるので非常に幅広い年齢層が働いています。

メリット・デメリットをご紹介

 メリット:マイペースに単純作業ができる
基本的には暖房の効いた場所での立ち仕事がメインになります。担当する郵便物を仕分ける作業になるので、特に短期バイト同士での交流もなく、人間関係に気を使わなくて良いのがメリットです。

 デメリット:土地勘がないと難しいケースも
デメリットとして、土地勘がないと作業が面倒という点です。年賀状の場合、県名が省略されていたり、略字を使われてしまったりするケースもあります。やはり地元の郵便局には地元の年賀状が多く集まります。

特に京都や奈良といった昔ながらの地域の場合、地名の漢字も難しい物が使われています。又、北海道や沖縄の場合、地元の人間でなければ、ピンとこない地名も多いです。そのため、できれば土地勘のある地域で仕分けバイトを行うとよいでしょう。

 ジッとしているのが苦手な人は
年賀状の仕分けバイト以外に、同時期に年賀状の配送業務なども募集されています。配送業務は男性が担当されることが多く、仕分けバイトは主に女性のスタッフが多いです。

勿論、どちらかを選ぶことは可能ですし、男性だからといって仕分けバイトで採用されないということもないので、安心してください。

時給はいいの?
時給は700円から800円前後というのが相場です。ただ深夜に作業が及ぶ場合、深夜手当が付き1100円に時給が上がるケースもあります。又、12月28日からは残業が増えることもあるので、残業をシッカリ行うと、意外にまとまった収入になります。

少し遅いお年玉気分で稼いでみてはいかがでしょう?