暇を持て余すほど楽といわれるバイト

楽なバイトといえば、試験監督のバイトが挙げられます。試験中に問題を配布したり、回収したりする仕事になります。そんな試験監督のバイト内容を紹介します。

試験監督のバイト体験談画像

試験監督の仕事は、大きく分けて3つ!

 大学受験の試験監督は外部募集は、あまりない
大学受験の場合、大学内で募集を行うケースが大半です。大学構内の掲示板に求人が募集されることが多いです。そのため外部の媒体へ求人を掲載するケースは、あまりありません。

 塾での模擬試験の試験監督は時々募集している
塾の模擬試験の試験監督もやはり、塾のスタッフ内で募集しているケースが大半です。塾のアルバイトのプラス収入として考える人も多いのではないでしょうか。ただ、大規模な公開模試などに合わせて一般の試験監督も募集していますので、受験シーズンは求人誌をチェックしてみましょう。

 資格試験の試験監督
資格試験の試験監督ですが、これは主に一般公募されています。
ただ人気のバイトのため、一般公募されても直ぐに定員に達してしまうため、見付けたら直ぐに応募しましょう。

仕事の抑えておきたいポイントは、大きく分けて2つ!

 服装は基本的にスーツ
試験を受けたことがある方はご存知かと思いますが、基本的にスーツ着用というケースが大半です。ただ、他の点は募集する会場によって異なります。中には茶髪や金髪でもOKというケースもあります。逆に厳しい所では音の出にくい靴を指定されるケースもあります。

 仕事内容は問題配布、回収のみが大半
主な仕事内容は試験問題の配布、回収になります。試験の注意事項などを読み上げる仕事は、短期バイトの場合、なかなか担当させてもらえません。しかし、やはりこれも会場によって異なります。小学生の塾での模擬試験の試験監督を行った際は、注意事項なども読み上げる作業も行わされました。

 試験中、会場を歩き回らなければいけないケースもありますが、座ったままでOKというケースがありました。ですが、1時間から1時間半、何もせずに座ったままというのは、意外に暇を持て余してしまいます。、私は机の間を回ってみましたが、これもやりすぎると集中力が途切れてしまうため逆に注意されるケースがあります。

人気の仕事だけど、デメリットは?
大学の試験の場合、試験会場の設営なども行うことがあります。そのため朝早いというのが、この仕事の最大のデメリットです。

デメリットを踏まえても楽なバイトですので、お勧めです。