重労働で高時給バイトの代表格と言えば引越しアルバイト

体力を一番使う短期バイトとして引越しのバイトが挙げられます。そんな引越しのバイト内容を紹介します。
引越しのバイト体験談画像

仕事の種類は大きく分けて2つ!

引越しのバイトの種類は大きく分けて二つ挙げられます。
 一般家庭の引越し
 企業のオフィス移転作業
この二つが主な仕事になります。

 一般家庭の引越しは運による

一般家庭の場合は、1日に3軒から4軒回ることもあります。大きな家具や家電を運ぶ仕事になり、大変な作業です。ですが荷物を梱包したりする軽作業もあり、女性の場合、荷物の梱包、開封作業がメインになります。

私が行った作業は、女性のみのスタッフで行う引っ越し作業を担当しました。荷物の梱包や荷物を運び出す際に壁や床を傷つけないようにするマスキングなどの作業を行います。

勿論、荷物も運びますが、重い荷物はベテランのスタッフさんが運んでくださいました。最後に部屋の掃除をする仕事も行う場合があります。とはいっても軽く雑巾で拭く程度ですので、安心してください。

ラッキーなことに私が担当した引越しは単身者が多いケースだったので、大きな家電もなく、さほど大変な作業はありませんでした。こればかりは、運だと思います。

 企業のオフィス移転作業はもれなく重労働
企業のオフィス移転の場合、一般家庭の引越しよりパーテーションなど重くてかさ張る物が多いです。オフィスの移転ですので、エレベーターを使っての移動が多いですが、時々、階段を上り下りしなければいけない仕事もあります。覚悟が必要です。

メリット・デメリット

 デメリット:基本的に長期バイトの仕事
重い物を運ぶ作業はコツを学ばないと大変です。勿論、そのコツも1日や2日ではコツは習得できません。そのため通常は短期バイトではなく長期のバイトを募集しています。しかし、2月から4月にかけて引っ越しシーズンになるため、短期のバイトも募集されています。

 メリット:時給は良い
とにかく大変な作業ですが、時給は高いのが魅力です。時給1000円以上というケースもありますが、基本的には日給制です。さらに時給を上げたいと言う人にはドライバーの仕事も兼任すると時給は高くなります。

引越しの短期バイトについてこちらのページにも詳細が記載されいています。

引越し業者だけ?
大手の引っ越し業者だけでなく、最近はヤマトや日通の運送会社でも募集しています。幅広く時給なども踏まえ、検討してみましょう。

日給1万円以上のケースもあるので、体力に自信がある方で急にお金が必要になった方には是非、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?