軽作業中心の仕事

1年を通して定期的に募集をかけられることが多いのが「倉庫作業」の短期バイトになります。
そんな倉庫作業のバイト内容を紹介します。

倉庫作業のバイト体験談画像

私が体験した倉庫作業の種類は大きく分けて4つ!

倉庫作業は驚く程色々な種類がありますので、今回、ご紹介する作業が全て!
というわけではありませんが、どんな仕事なのかを理解する上では参考にはなると思います。

 ファッション好き向けの作業
よくある倉庫作業は、値札の張り替え作業になります。
アウトレットの店でない限り、ヨレヨレになった値札に割引シールが貼られていることは無いと思います。実はセールをする前に倉庫に一度集め、値札を貼り直します。

オーバーな話ですが、定価1000円の物をセール期間に50%引きで販売すると500円になります。ところが定価を2000円に貼り直し、50%オフのシールを貼ると1000円で販売することができます。全部のメーカーが、必ずしもこのような作業をするわけではありませんが、値札の張り直し作業が倉庫作業には多いです。

色々な服を見ることができるので、ファッション好きな方は楽しい仕事かもしれません。残念ながら、その場で買い取りをすることは、できませんでした。値段表に合わせてシールを貼らなければいけませんが、何枚も同じ商品にシールを貼るので、毎回計算しなくて済みます。

 シール貼り作業
ペットボトルや飲料の缶にキャンペーン応募用のシールが貼ってあるのをご覧になられたことがあると思います。そのシールを貼る作業も倉庫作業に多いです。

 検品作業
輸入商品の検品作業なども挙げられます。
針が入っていないか専用の機械でチェックするのですが、チェックした商品を段ボールに詰める仕事になります。単純に詰めるだけですので、飽きてきますが頭を使わずに済みますし、体力も使いませんでした。

 商品の清掃作業
商品であるパソコンのコンセントについてしまったワックスを一つ一つアルコールで落とすという作業もありました。こちらは、椅子に座って延々とワックスを落とす仕事になるので、非常に楽な仕事でした。

時給は?
単純作業で肉体的に辛くないというのが魅力ですが、時給は左程高くありません。時給800円で交通費が出ないというケースもありました。倉庫作業の場合、求人内容をシッカリ吟味するようにしましょう。

このように機械ではできない仕事で、特別なスキルがいらない仕事が倉庫作業では多いです。